心温まる贈り物


今、世の中は新型コロナウィルスに関わる脅威や不安、閉塞感などで溢れかえっています。もちろん私自身も、みんなの健康、生徒たちの学力、職員たちの雇用や塾の存続など、心配の種は尽きることがありません。
が、そんな中、心温まる贈り物をたくさん頂いています。桂坂校の今年卒業の生徒は、お礼のお手紙を、遠方へ旅立つ直前にわざわざ届けてくれました。それもお世話になった職員全員の分を。また別の保護者の方は、「先生方には元気に授業を続けてもらわないと」というお言葉とともに、貴重な貴重なマスクをご提供して下さいました。高の原校の中1生は、私の好きなキャラクターをアイロンビーズで作ってきてくれました。出来を見れば、どれだけの時間を費やしてくれたか容易に想像できるし、その精緻さには本当に頭が下がる思いです。私なんかには絶対真似できません。その他、保護者の皆様からたくさんたくさんお菓子の差し入れを頂戴したり、みんなで書いた合格祝いの寄せ書きに「ここは自分が家出した時に助けてくれたすごい塾です」と書いてくれたり…恐怖と緊張で予断を許さない日々が続いていますが、これらはそんな中で感じた人のぬくもりでした。
どこまでの恩返しになるか分かりませんが、我々は出来る限りの対策を講じた上で、限界の時が来るまで、授業や生徒対応、ご家庭の支援を続けて参ります。一刻も早く混乱が落ち着き、いつも通りのうららかな春が戻ってくるよう、祈りながら。

「定期テスト対策特訓」(その3)

本日2月23日(日)も、もちろん「定期テスト対策特訓」を実施中!私語一つなく、集中して暗記や演習を頑張ってます!

桂坂校に続き、こちらは高の原校中2生のひと部屋。教室や学年ごとに生徒たちの雰囲気は全く違うけれど、長時間にも関わらず一生懸命よく頑張ることだけは共通してます。

「定期テスト対策特訓」実施中!

来週に迫った今年度最後のテストに向けて、今日から祝日月曜までの3日間、立志館進学教室桂坂校・高の原校では、「定期テスト対策特訓」を実施中!結果は取り組みで大きく変わる。全力で頑張ろうな!


桂坂校中2生 早朝9時半から重要語句を集中して暗記中!スポーツで参加できてない子も結構いるけど…

「入試直前応個ゼミ」開講中!

いよいよ明日2月10日は、京都・大阪の私立高校の入学試験です。悔いなく入試当日を迎えてもらえるよう、入試前最後の週末にあたる昨日、そして本日は、早朝から最後の特訓「入試直前応個ゼミ」を実施中。黙々と暗記に励んだり、苦手分野を補強したり、解法が見えない問題を先生に質問したり、先生主導のいつもの授業とは異なり、生徒主導でみんな猛勉強中!約50名の立志館進学教室桂坂校・高の原校生よ、明日、合格とって帰ってこい!

桂坂校

高の原校


いよいよ残り1日。来週月曜、ついに決戦!

御三家・京都府立嵯峨野高校の小川雅史校長先生が高の原校に登場!

大谷高校、京都橘高校、京都府立城南菱創高校、京都府立西城陽高校に続き、中2対象受験対策「日特」の特別ゲストに今年は遂に京都最難関「御三家」の一つ、京都府立嵯峨野高校の先生が立志館進学教室高の原校に登場。何と小川雅史校長先生自ら、高の原校生だけのために、中学と高校での学習の違いについてお話し下さいました。「主体的」に学ぶこと、常に「なぜ」という視点を持つこと、そしてそれを追究していくこと、それが高等学校での学習であり同時にこれからの社会を生き抜くために必要であるというメッセージと、その学びのステージで存分に学ぶ先輩達の姿を動画を通じ垣間見て、生徒たちは大きく感銘を受けたようでした。小川先生、貴重な機会を頂戴し有難うございました。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
2020年がみんなにとって、良い年でありますように。
勉強が出来るから、良い学校を出たから、将来が安泰という時代では完全になくりました。優しさ、思いやり、コミュニケーション力、創造力…これからの時代に必要となるのは、AIにはできないそんな力。生徒たちに、そんな力をつけてあげられたらいいな。そしてそのために、まずは我々自身もっと勉強しないといけないし、力をつけないといけないな。生徒たちに負けないように、私たちも頑張ります。

「年末特訓」開講中!

昨日12月30日、そして本日12月31日の2日間、桂坂校・高の原校の中3クラス指導部の生徒たちは、年末にも関わらず英・数・国・理・社各教科それぞれ3時間ずつ、今年最後の猛特訓「年末特訓」を頑張り中。大晦日であっても、早朝から机に向かう。それでこそ受験生だ。そんな生徒たちのもとにはきっと、新しい年とともに、合格がやってくることだろう。

高の原校

桂坂校

みんなで絵馬に願い事も書きました。もう、万全です(笑)

現在は…

少しでも活字に触れて欲しいとの想いで登場した校舎の図書スペースに置かれた数々の書籍…もう何年経ち、何種類の本が登場したことだろう。マンガ、実用書、小説、ノンフィクション、事典…古典的な名作から最新の話題の書まで、私の様々な意図思惑の下に。
現在桂坂校には、まさに文字通り、本の面白さや魅力、本を読むことの楽しさを思いっきり詰め込んだ、『図書館戦争』と『ビブリア古書堂の事件手帖』が並んでいます。

今回の本は、小学生から高校生まで、過去最多レベルでみんな読んでくれてる気がします。私の直球ストレートな想い届くといいな。これからも魅力溢れる本をたくさん子供たちに広め、活字離れに抗います。
大好評のこの2つの本は「クリスマス・ミラクル・ウィーク」に居場所を変え、高の原校に登場します。乞うご期待!そして桂坂校には、きっと喜んでもらえること請け合いの新たな本が並びます。お楽しみに☆