ご褒美

私がまだまだ若かりし日に教えていた生徒が、久々に顔を出してくれました。彼との最初の出会いは、まだ彼が小学生だった頃。それが聞けばもう社会人一年目なんだそう。そして、大事な大事なもらいたてのお給料で、我々にコーヒーの差し入れをしてくれました。彼らは何歳になっても、私の中ではいつまでもあの時の教え子のまま。そういえばうちの非常勤講師たちも、気付けばほとんどが私の教え子たち。最近はみんないともあっさり転職するので、20年続けてきたご褒美をもらえた気分です。ありがとな!