御三家・京都府立嵯峨野高校の小川雅史校長先生が高の原校に登場!

大谷高校、京都橘高校、京都府立城南菱創高校、京都府立西城陽高校に続き、中2対象受験対策「日特」の特別ゲストに今年は遂に京都最難関「御三家」の一つ、京都府立嵯峨野高校の先生が立志館進学教室高の原校に登場。何と小川雅史校長先生自ら、高の原校生だけのために、中学と高校での学習の違いについてお話し下さいました。「主体的」に学ぶこと、常に「なぜ」という視点を持つこと、そしてそれを追究していくこと、それが高等学校での学習であり同時にこれからの社会を生き抜くために必要であるというメッセージと、その学びのステージで存分に学ぶ先輩達の姿を動画を通じ垣間見て、生徒たちは大きく感銘を受けたようでした。小川先生、貴重な機会を頂戴し有難うございました。