現在は…

少しでも活字に触れて欲しいとの想いで登場した校舎の図書スペースに置かれた数々の書籍…もう何年経ち、何種類の本が登場したことだろう。マンガ、実用書、小説、ノンフィクション、事典…古典的な名作から最新の話題の書まで、私の様々な意図思惑の下に。
現在桂坂校には、まさに文字通り、本の面白さや魅力、本を読むことの楽しさを思いっきり詰め込んだ、『図書館戦争』と『ビブリア古書堂の事件手帖』が並んでいます。

今回の本は、小学生から高校生まで、過去最多レベルでみんな読んでくれてる気がします。私の直球ストレートな想い届くといいな。これからも魅力溢れる本をたくさん子供たちに広め、活字離れに抗います。
大好評のこの2つの本は「クリスマス・ミラクル・ウィーク」に居場所を変え、高の原校に登場します。乞うご期待!そして桂坂校には、きっと喜んでもらえること請け合いの新たな本が並びます。お楽しみに☆